ブログトップ

fu-soraの日々

blogfusora.exblog.jp

カテゴリ:畑 2010( 12 )

2010.6.12  ジャガイモ植え付け20日目

ジャガイモが、
ボツボツと発芽しはじめました。


一番最初に芽を出したのは
インカのめざめ という品種
小ぶりですが 甘いジャガイモです
d0160199_2230882.jpg



植え付けから芽が出るまでの間
除草レーキを持って 何度か畝を往復します
これは先週の様子
そらぽんが やってくれました
d0160199_22361672.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-06-12 22:23 | 畑 2010

2010.6.5  ベリー類に肥料をやりました

ベリー類に肥料をやりました。
肥料にパン工房で余った小麦ふすまを、
株の回りに撒いています。
畑で穫れたものを畑に戻して循環させています。


移植3年目のラズベリー
今年は たくさん実が穫れると思います
d0160199_2205081.jpg



こちらは昨年移植 2年目の株です
レッドカラント カシス
グズベリー ハスカップ ブラックベリー
が植わっています
d0160199_2215937.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-06-05 21:53 | 畑 2010

2010.6.4  小麦の様子

畑の一部に穴があいたように
小麦が生えていない部分もあり
何とも痛ましいですが
小麦のすじが見えるようになりました。


キラキラテープのかいあって
ハトが来なくなりました
でも何やら 写真左奥に 動物がいます
d0160199_21463059.jpg



シカがいます
ライ麦畑を悠然と横切っています
先が思いやられます
d0160199_2148594.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-06-04 21:41 | 畑 2010

2010.6.3  カボチャの苗の様子

5月18日~24日にかけて
いろいろな品種のカボチャのタネを蒔きました。

今年は、
 ほっこりえびす (ポクポクで甘い fu-sora定番のカボチャです)
 雪化粧 (皮が白い晩生のカボチャです)
 プッチーニ (小さな甘いお菓子みたいなカボチャです)
 おもちゃカボチャ数種 (どんな形ができるかわかりません 面白い形のカボチャです)
 ハロウィン (ご存知 オレンジ色のハロウィンカボチャです)
 アトランティックジャイアント (コンテストがあるような大きなカボチャです)
などなど
全部で170粒のタネを蒔きました。

6月の中旬頃、畑に定植します。


5月24日
小さな双葉
雪化粧の双葉です
d0160199_21161487.jpg



5月29日
だいぶ大きくなってきました 小さな本葉が見えます
雪化粧です
d0160199_212019.jpg



今日の様子
本葉が開いてます
雪化粧です
d0160199_21303142.jpg



ほっこりえびすです
寒い日が続いて 発芽が遅れていましたが 揃いました
d0160199_21264448.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-06-03 20:59 | 畑 2010

2010.6.2  ルバーブを収穫してジャムにしました

遅い雪解けのせいで 遅れていたルバーブ
本日 収穫しました
d0160199_2310385.jpg



ルバーブの 茎の部分を収穫します
d0160199_23112185.jpg



収穫したルバーブは
工房に持っていって すぐさまジャムに加工
d0160199_2317380.jpg



多年草のルバーブ
毎年 今頃の時期に 収穫するのですが
今年 少し更新しようと新しくタネを蒔きました
最初は こんなに小さな芽
3年後が 最初の収穫になります
d0160199_2320519.jpg



結構 気長なジャム
パン酵房fu-sora で販売しています
→ こちら
d0160199_2312713.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-06-02 23:03 | 畑 2010

2010.5.27  小麦 ハトの食害が激しいです

小麦が発芽したのに散々。
ハトに食われてます。
種を播いた時にハトが来ていたのは、
既に気付かれていたのかもしれません。


こんな感じに 食い荒らしてます
d0160199_21301277.jpg



小麦の芽には 興味無し
土中の 種の部分(小麦粒)だけ 食いちぎってポイ の状況
d0160199_2131234.jpg



キラキラテープを 一応播いた部分に張ってみました
大豆やトウキビの時には カラス除けに張っているのですが
果たして効果は?

小麦にこれをするのは 初めて
ハトも必死でしょうが 人間も必死です
種用にでもと思い やっと播いた分の小麦
これ以上減らすわけには行きません
d0160199_2133983.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-05-27 21:19 | 畑 2010

2010.5.25  小麦発芽しました

小麦発芽しました。
昨日あたりから土から少し顔を出していたのですが、
今朝、発芽しました。


種を播いてから 8日目です
d0160199_22561259.jpg



- オマケの写真 -
オオバナノエンレイソウ
あちらこちらに咲いています
d0160199_22591738.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-05-25 22:51 | 畑 2010

2010.5.23  ジャガイモ植えました

遅ればせながらジャガイモ植えました。
昨年より3日遅いです。

昨日までの3日間は、雨がちの天気。
明後日からまた雨のようです。

今日と明日で、精力的に植えるものは植えて、
蒔くものは蒔いてといきたいところですが、
なにやら今度の雨は、低温らしいのでそうも行かず。
何だかこの農作業のスタートの感じ、
昨年の春先と似ています。


ジャガイモの種芋
イモを植えるとイモができます
d0160199_195231.jpg



トラクターの後ろに ポテトプランターという
機械を取り付けて 植えます
ポテトプランターは
畑に植える溝をきって 種芋が1個落ちて
そして土をかけて 均す作業を 同時に行います
d0160199_198788.jpg



左右のオレンジ色の部分に種芋が入っていて
1個ずつ畑に落ちて行きます
後ろに乗っているのは manapon
種芋が1個ずつ うまく落ちるように見ています
d0160199_19152184.jpg



前に植えた溝に合わせて トラクターを進めます
北海道の大きな畑がどこも整然とした様子になっているのは
みな こんな感じで トラクターを走らせているからなのです
ウチのは そんな大きなジャガイモ畑じゃないですが

できたジャガイモは 産直の他
パン工房で
ジャガイモのカンパーニュの パン生地に使います
d0160199_19164964.jpg



- オマケの写真 -
桜が満開になりました
d0160199_1924184.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-05-23 18:47 | 畑 2010

2010.5.19  タマネギの苗を植えました

昨日と今日でタマネギの苗を植えました。


家の南側にある小さい畑(家庭菜園で使っています)に
タマネギを植えました
肥料は例にもれず パン工房で製粉時に出る小麦フスマ
ミネラル豊富な小麦フスマが効いたのか
昨年は 雨が多く日照時間が短い気象状況のなか
すごく良いタマネギが穫れました
今年は ”フスマ農法” の真価を問います
d0160199_20584054.jpg



全部で1000本植えました
d0160199_2124077.jpg



細くて小さな苗 枯れてしまいそうな感じ
明日 雨が降るとの天気予報
タマネギたちは ゴクゴクと水を飲むのでしょう
農作業中に雨が降ると恨めしいいのですが
雨が降らないと作物たちは育ってくれません
雨って 本当 大切です
d0160199_2133850.jpg

[PR]
by blogfusora | 2010-05-19 20:56 | 畑 2010

2010.5.18  小麦(春よ恋)播きました

昨日と今日で小麦を播きました。


例年ならゴールデンウィーク中に播くのですが、
今年は、雪解けが遅く低温続きでこんな時期になってしまいました。


以前の日記にも書きましたが、
今年は、パンに使う用の小麦を播くのを止めました。
(パン酵房fu-soraの小麦は、まだ在庫があるので大丈夫です)


春播き小麦は、1週間播くのが遅れると
収穫量が、
10a(1000㎡)あたり1俵(60kg)減収すると言われています。

春播き小麦の種まき適期は
4月の中旬頃から下旬にかけてとされていますので
一番早くから数えて4週間遅れ。
単純計算になりますが、4俵減収になります。
採算割れを覚悟せねばなりません。
あくまで、標準ベースでの話になりますが。


なので
今年は、何とか種採り用に少しだけ播くことに。


こんなに遅い雪解けが、毎年続くのなら、
また 『初冬播き栽培*(後に説明)』に
チャレンジしてみようかなと考えています。

********************

『初冬播き栽培*』  -説明-

北海道の春播き小麦は、
(春播き小麦には、ハルユタカ・春よ恋・はるきらり などがあります)
ここ数年、春に播かずに
11月中旬~12月上旬に、播く方法が標準的になりつつあります。
(春播き小麦というよりも冬播き小麦・・・)
この方法だと 生育期間が長く取れることから
大幅な収穫量の増加も見込めます。

また、収穫期も10日間ほど早くなり
8月の上旬にシフトされるので、
梅雨にも似た北海道特有の長雨に
収穫前の穂が雨にあたることを避けることが出来、
品質の向上にも繋がるとされています。


この初冬播き栽培、
7年前になりますが、
2年間チャレンジしたのですが、
まだ雪が積もる前の初冬の畑土凍結が顕著で、
うまく行きませんでした。

しかし最近、地球温暖化のせいなのでしょうか
以前のような畑土凍結が軽くなっていて
もしかしたらうまくいくかもしれないなと
考えています。

何事もチャレンジですし、
またやってみる価値があるかもしれません。


この秋は、
『秋播き小麦』と『春播き小麦の初冬播き』
の二本立てで行こうかなと考えています。


春播き小麦を播いたばかりなのに、
先の話ばかりになってしまいました。

********************


カタカタと手押しの播種機で播くのは manapon
d0160199_21583565.jpg


昨日で終わるつもりだったのですが、
さあ播きましょうと思ったら、雨が降ってきて・・・

でもまあ、こういうことは、毎年のこと。
今までも何度も経験している話です。
いつも恨めしく、空を見上げるしかありません。

3分の2ほど播き終わったところで
土が水分を吸って重くなってきたので、終了。
翌日(今日)、無事終了しました。

播き終わったとたんに ハト が来たので
「オイオイ ハト君・・・」
[PR]
by blogfusora | 2010-05-18 21:41 | 畑 2010